中古車買い取りのお役立ち情報がいっぱい!

中古車と新古車の違い

中古車と新古車の違い 新古車というのは、限りなく新車に近い中古車です。
基本的に未使用なので、その意味では新車と言っても良いのですが、新車登録をしているので正確には中古車になります。
販売店が売り上げ数を稼ぐために、自社で購入し新古車として販売するケースが多いようで、決して怪しい訳あり品というわけではありません。
そのため欲しかったクルマが新車よりも安く販売されているのであれば、お買い得となります。
納車までの期間も新車に比べて圧倒的に短くなるので、すぐにでも乗りたいという方にもおすすめです。
ただ、新車ほどの値引きを期待することができないので、見積もり額が新車の見積もり額と比較してお買い得感があるかどうかを確かめる必要があります。
それほど差がなかったり、価格が逆転しているような場合は見合わせた方が良いでしょう。
また、好きなグレードやボディカラーを選べなかったり、メーカーオプションを購入することができないなどのデメリットもあります。

中古車を高い価格で売却したい場合には買取専門店に

中古車を高い価格で売却したい場合には買取専門店に できる限り高い値段で車を売り、次の車の購入費にしたいとお考えの方は多いのではないでしょうか。
売却した車は様々なルートがあるものの、多くの場合は次のユーザーに向けて中古車として販売されることとなります。
この際に一般的な新車ディーラーに売却する場合と中古車販売専門店に売却する場合とで、大きな価格の差が発生することをご存じですか。
ディーラーの場合には、新車の販売につなげるという大きな目的がありますので、買取価格をできるだけ高く見せられるように値引きやオプションサービスなどを組み入れる例が多くあります。
しかし、値引きの合計や下取り価格を総合的に判断しても中古車買取販売専門店の金額に及ばないというケースは少なくありません。
ノウハウや専門性などで優位に立つ中古車販売店では、利用する人が納得できるような高い価格が提示できるため、ぜひ積極的に利用してみると良いでしょう。
一括して比較検討できるサイトがありますので、まずはチェックしてみてください。